FC2ブログ

プロフィール

やまかん日記

Author:やまかん日記
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合教育技術2008年11月号が発刊になりました

総合教育技術2008年11月号
総合教育技術2008年11月号が発刊になりました。私は、カウンセリングを活用した職員室の人間関係づくりを連載させていただいています。
今回は「ピアサポーター」のためのコミュニケーションスキルトレーニング1です。興味のある方はぜひご一読下さい。

小学館の教育誌・総合教育技術 

新学習指導要領の中核
「言語力」を究める新学習指導要領で強く謳われている「言語活動の充実」。教科・領域を問わずに、子どもたちの「言語力」を育むためにはどのような取り組みを行えばよいのか。実践レポートを中心に考察していく。
●インタビュー
「新学習指導要領」で強く謳われている「言語力活動の充実」。
学校現場での実際的施策を教育課程課のトップに聞く。
 文部科学省初等中等教育局教育課程課長
 高橋 道和(みちやす)さん
●現場レポート
「国語力向上指導者養成研修」より~
各教科等において言語活動の充実に取り組むための方策や最新情報を知る
●実践レポート
教科横断的に「言語力」を育成する
1)国語   東京都江東区立八名川小学校
2)算数   北海道札幌市立あいの里西小学校
3)理科   広島県廿日市市立阿品台西小学校
4)総合的な学習の時間  石川県金沢市立城南中学校

特集2 
「教師の指導」法律上の○と×
体罰やセクハラにとられかねない指導……教師が子どもを指導する上での限界はどのあたりにあるのか。各種事例に基づき、その境界を考えていく。
●Part1/インタビュー
8割は良識、法律の知識は2割で十分。迷ったら専門家に事前に相談を
弁護士 清水幹裕さん
●Part2/ケーススタディ
具体例で検証する法律上の○と×
東京都立川市立 立川第一中学校校長 嶋崎政男
日本女子大学准教授 坂田 仰
Special Interview/野田正彰さん
(関西学院大学教授・精神病理学)
息抜きの時間が急速に失われる社会。それを生み出す背景と、そこで生き抜く方法を訊く。
研修資料
10月号に続き、択一問題で管理職への要点を究める!
「東京都 平成20年度 教育管理職選考択一問題」解答と解説
必読特別資料&解説
子どもの実態を踏まえ、即指導に生かす!
平成20年度全国学力・学習状況調査
[児童質問紙]回答結果

好評企画
TREND 2008 著名人が綴るエッセイ「このごろ思うこと」
1)群馬県立ぐんま昆虫の森園長 矢島 稔
2)漫画家 やくみつる

別冊付録
NEW SCHOOL LEADER
2008年度学校管理職研修

総合教育技術 10月号
9月13日ごろ発売
特別定価890円(税込)

▲12月号の予告
問われる!
「全国学力調査結果」の活用力2度目の「全国学力・学習状況調査」を終えて、昨年同様の課題が浮き彫りになった。今後、課題解決に向け、学校はどのように取り組んでいけばよいのか。 調査結果で上位に位置する各県の取り組みをもとに考察していく。
●巻頭インタビュー
今年度の「全国学力調査結果」。子どもたちの国語、算数・数学における学力にはどのような課題が見られるのか? また、学校はその課題解決に向けてどのように取り組めばよいのか?
文部科学省初等中等教育局教育水準向上プロジェクトチーム総括リーダー 藤野 公之さん
●研究者提言
知識・技能の定着・活用に見られる課題を解決するために、子どもたちへの指導上、まず何から取り組めばよいのか?
1)「小学校国語」金沢大学准教授 折川  司
2)「小学校算数」弘前大学准教授 中野 博之
3)「中学校国語」富山大学教授 米田  猛
4)「中学校数学」福井大学教授 黒木 哲徳
●先行事例
「国語、算数・数学」知識・技能の定着・活用に見られる課題に対して、小中学校ではどのように取り組み、課題解決を図っているのか?~秋田県の場合
1)インタビュー/秋田県教育庁義務教育課「算数・数学学力向上推進班」 佐々木孝雄副主幹
2)実践レポート/東成瀬村立東成瀬小学校、由利本荘市立道川小学校 ほか

特集2 
学校文化をひき継ぎ、育む
近ごろ学校は、「あれができない」「これができない」と批判されてばかりであり、また学力を伸ばすことのみが強く求められているような状況に陥っている。そういった風潮のなかで、「教師と子ども」、「学校の歴史や伝統」、「地域の風土や人々」、それらによって育まれる「校風」=学校文化というものがないがしろになっていないだろうか。学校の役割、教師の責任について改めて考える。
●提言1
世界に誇る日本の学校文化~これまでの学校が「できていたこと」
オックスフォード大学教授/東京大学大学院教授 苅谷剛彦さん
●提言2
見直したい学校文化~学校でしかできない豊かな学び
東京都大田区立久原小学校校長 清水一豊さん
●実践報告
明治39年制定の「校訓五箇条」を復活、“温故創新”主義で学校の伝統受け継ぎ、守る
……宮城県石巻市立石巻小学校の取り組み/ほか

Special Interview/イルカさん(歌手)
「なごり雪」でおなじみのミュージシャンであり、また絵本作家、エッセイストとしても活躍するイルカさんに、これまでの足跡を訊く。

■押し寄せる教育改革の浪を読み解く! 
 必読特別資料&解説
 文部科学省
 「教員免許更新制とは? ─解説とQ&A─」


別冊付録
NEW SCHOOL LEADER
2008年度 学校管理職研修
教頭・主任必携! 論述で磨く学校経営術
スポンサーサイト

テーマ : 小学校 - ジャンル : 学校・教育

<< 教師みらいプロジェクトイン仙台教育委員会後援決定 | ホーム | 小一教育技術2008年11月号が発刊になりました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。