FC2ブログ

プロフィール

やまかん日記

Author:やまかん日記
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総合教育技術2009年1月号が発刊になりました

総合教育技術2009年1月号
 総合教育技術2009年1月号が発刊になりました。私八巻寛治は、「カウンセリングを活用した職員室の人間関係づくり」を連載させていただいています。
 なかなか魅力的な内容ですので、ぜひご一読下さい。
 
【特集1】
平成21年度「移行措置」期間の実りある学力向上を設計する
4月からいよいよ「移行措置」期間1年目がスタートする。授業時数の増加、単元の増減など、主要課題について、文部科学省、現場実践者、各教科の専門家から、要点を指摘してもらう。
巻頭インタビュー(1)
「移行措置」1年目、子どもへの指導のためのポイントは何か?
文部科学省初等中等教育課程課長 高橋道和さん
巻頭インタビュー(2)
「授業時数の増加」学校独自にどう工夫する?
立命館大学教授 陰山英男さん
●課題別提言/新学習指導要領の一部追加、現行要領の一部省略を含め、「移行措置」において押さえておかねばならない具体的なポイントは何か?
(1)「算数」………………青山学院大学教授 長嶋清
(2)「小学校理科」………麻布大学非常勤講師 矢野英明
●課題別提言(3)/「小学校外国語活動」平成23年度からの実施に向けて、「移行措置」期間はどのように準備を進めていけばよいのか?…………大阪教育大学教授 田中博之
●Q&A/まだまだ知りたい「移行措置」のポイント
【特集2】
教師力の継承 ~プロの技をどう引き継ぎ、どう受け渡せばよいのか~
教師の世代交代が急速に進むなか、プロとしての教師の技はどうやって継承していけばよいのか。ベテランと若手を分かつ深い世代の溝を乗り越えて、技の継承に励む具体的な事例を紹介する。
●提言/世代格差を超えて教師力を継承するには
鍛える国語教師研究会主宰/授業道場野口塾主宰/植草学園大学教授
野口 芳宏さん・ほか
【Special Interview】
松本明慶さん(大仏師)
日本を代表する仏師である松本さん。その手から創り出される仏像は、全国各地で人々に慈しみの心を伝えている。40人もの弟子を率い、日々作品づくりに励むコツは何か、その弟子育成の方法などを語ってもらう。
【好評企画】
TREND 2009
著名人が綴るエッセイ「このごろ思うこと」
(1)フリージャーナリスト 江川紹子
(2)料理研究家・食育研究家 吉原ひろこ
【必読特別資料&解説】
「新学習指導要領」実施の基本精神と、「管理職試験論文」執筆の要諦がここに!
「教育基本法」改正前後・比較表
【連載企画】
・教師花伝書 東京大学大学院教授 佐藤学
・1月の学校だよりと学校経営の実務
・事例で考える実践教育法規セミナー
・情報パック/研究会・研修会ガイド/ほか
【入選者発表】
・第44回「わたしの教育記録」
・第9回 ドラえもん大賞 全国作文コンクール
─新学習指導要領「言語活用力」育成イベント─
【別冊付録】
NEW SCHOOL LEADER
2008年度 学校管理職研修
教頭・主任必携! 論述で磨く学校経営術


次号の内容総合教育技術
2009年2月号予告
1月15日ごろ発売
定価840円(税込)【特集1】
体力から鍛える学力

一にも二にも学力の伸長が求められる状況が学校を取り巻いているが、子どもの根幹をなす「体力を維持し、伸ばす」という視点はどうなっているのだろうか。「知のもとは身体である」とする最新の研究や論考にもあるように、身体と脳は、決して切り離して考えることはできない。学校における体育・健康に関する指導の現状と、その体力の向上を図る試みを併せて紹介する。
●実践報告(1)/「めざせ! 1日60分!」を合言葉に、毎日の運動量を確保。学校一丸で体力向上に挑戦
●実践報告(2)/「子どもの体力」と「教師の指導力」、その向上の近道はやはり、教科「体育」の充実
●実践報告(3)/自治体をあげて、地域の子どもの体力向上に取り組む
●解説/「体力低下は脳力低下につながる」……東京大学名誉教授 小林 寛道
●データから見る学校における体育の現状/「子どもの体力」と「体育を教えられない教師」
【特集2】
体験に学び、言葉に活かす「道徳」

新学習指導要領で謳われている、教科横断的な「道徳」の指導。
教育活動全般にどのように「道徳」を盛り込んでいけばよいのか。先行事例をもとに考察していく。
●インタビュー/教育基本法、及び新学習指導要領に述べられた「道徳」の意味と役割
……文部科学省初等中等教育局教育課程課教科調査官 谷田 増幸さん
●実践事例/総合単元的道徳学習(※)提唱者が推薦する実践校レポート
(1)インタビュー/「道徳」をいかに適切に教科横断的に盛り込めばよいのか?
……昭和女子大学教授 押谷 由夫さん
(2)教科横断的な取り組み
埼玉県さいたま市立高砂小学校・和歌山県上富田町立上富田中学校
(3)教科外横断的な取り組み
東京都中野区立上鷺宮小学校・滋賀県米原市立伊吹山中学校
(※)各教科や特別活動等(「総合的な学習の時間」を含む)の各教育活動の特質を生かしながら、共通した道徳的価値に関する学習内容について、道徳の時間を中心に、有機的なまとまりをもたせた学習活動を計画すること
【特別企画】
第45回作品募集に向けて
~「わたしの教育記録」まとめの秘訣
─発表できて初めて実践!─
●インタビュー/審査員歴21年、兵庫教育大学学長・梶田叡一さんが語る「“わたしの教育記録”の歴史と意義」
●ポイント解説/現審査員4人からアドバイス!「“わたしの教育記録”はこのようにまとめてほしい」
●歴代入選者の声/「わたしの教育記録」応募で「苦労したこと、よかったこと」
【スペシャル・インタビュー】
堀田力さん(さわやか福祉財団理事長・弁護士)
かつてロッキード事件の担当検事として名を馳せた堀田さんは、十数年前から福祉財団をつくり、全国での福祉・ボランティアなどを中心に精力的な活動を行っている。かつての少年犯罪から見た今の子ども、また人間力を見据えた教育のありかたについて話を訊く。
【第44回「わたしの教育記録」特選作品発表】
【好評企画】
TREND 2009
著名人が綴るエッセイ「このごろ思うこと」
(1)児童文学者 宮川 ひろ
(2)落語家林家 彦いち
【連載企画】
●教師花伝書 東京大学大学院教授 佐藤 学
●2月の学校だよりと学校経営の実務
●事例で考える実践教育法規セミナー
●情報パック/研究会・研修会ガイド/ほか
【別冊付録】
NEW SCHOOL LEADER
2008年度 学校管理職研修
教頭・主任必携! 論述で磨く学校経営術
スポンサーサイト

テーマ : 小学校 - ジャンル : 学校・教育

<< 月刊道徳と特別活動2008年12月号が発刊になりました | ホーム | エンカウンター学級づくりテキスト7号が発刊になりました >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。